株式会社エス マナー講師 内海加奈子 TEL087-802-8854

本物の人材を育てる!「知っている」から「できる」へ。「安心」と「信頼感」を伝える!
ホーム > 企業様向けマナー研修

企業様向け 研修メニュー一覧

ビジネスマナー研修

ビジネスの世界では、立ち居振る舞いや、挨拶などのマナーで、人となりを見られる事があります。
またその時の印象が、そのまま企業の印象に繋がる為、ビジネスマナーは、おろそかにできない必須のスキルです。
研修では「なぜマナーが重要か」を、参加者自身が自分で気づく事を促します。
挨拶・身だしなみ・言葉遣い・電話応対・名刺交換など、ビジネスシーンで必要なマナーの基本を実践的に身に着け、これから広がるビジネスチャンスに自信を持って挑みましょう。

接遇マナー研修

「接客」とは、目に見えないサービスです。
本当にお客様をひきつけるのは、型通りのマナーではなく「人」です。
好感度の高い接遇マナーを身に着ける事により、顧客満足度の向上を図る事ができます。
マニュアル通りの応対だけでなく、「お客様の心を捉えるためには、どうすればいいか」を考え抜く訓練によって、社員の意識も変わります。
反復訓練により、礼儀・マナーを実際の現場で使えるようになるまで指導します。
お客様の期待以上の満足を提供する事で、顧客獲得を目指す、全ての接客業の為の研修です。

電話応対研修

携帯電話を持つことが当たり前の時代、固定電話で話す機会が減ったことにより、仕事での「電話応対」に苦手意識を感じている人は少なくないと思います。
電話に出た人の応対で悪印象を与えると、会社のイメージダウンに繋がりかねません。
一方、印象の良い電話応対は、お客様の信頼を深め、良い企業イメージを与えることができるのです。
良い電話応対をする為には必要なスキルがあります。
また、業務ですぐに役立つリアリティのあるロールプレイングを研修に取り入れることにより、自信を持って電話応対に臨みましょう。

クレーム応対研修

情報通信技術が急速に発展した現代、人々のライフスタイルはより便利になり、ユーザーは少しの不満でも怒りを感じやすい時代になっています。
その為、クレームは年々増加し、電話、メールなどに加えて、インターネットやSNSなど手段も多様化しています。
クレームは、最初の応対次第で、顧客の不満や怒りを増幅させることもありますが、良い応対をすることで、企業や商品の良い口コミを生むことを可能にします。
クレーム応対で、苦情を信頼に変える力を身に着けましょう。

アンガーマネジメント研修

部下に対して、強く怒りすぎてしまった・・・先輩に注意された時に、不機嫌な態度を見せてしまった・・・といった『怒って後悔』。また、言うべきことを言えない自分が嫌になった・・・、やっぱりあの時怒っておけば良かった・・・といった『怒れなくて後悔』をしたことはありませんか?
アンガーマネジメントは、『怒りで後悔しない』ための心理トレーニングです。アンガーマネジメントを学ぶ事で、怒りの感情と上手に付き合えるようになり、さらに上手に怒れるようにもなります。
アンガーマネジメントを学ぶ事で、実は、怒りの裏には隠れた感情があることや、私たちを怒らせる正体が、他人や出来事などの自分以外ではなく、自分の中にあるということにも気づけるようになります。
また、腹が立ったときの対処方法、考え方を身につけ、さらには、怒りにくい体質づくりもできるようになります。
怒ることが、ダメなことではありません。正しく怒ることが必要なのです。
最近では、企業研修として提案をする事が増えてきました。
社員全員が、適切に怒りをコントロールできれば、社内間のコミュニケーションは必ず良くなります。

コミュニケーションアップ研修

企業の中では、個人のコミュニケーションスキルの低下が問題となっています。
このような背景には、「個人の努力不足だ」と「個人」のせいにできない事情があります。
IT化により、電話・メール・SNSツールと、日常生活の中で顔を合わせなくても、以前ほど困らなくなりました。それと同時に、メールでは饒舌ですが、いざ顔を合わすと、うまくコミュニケーションが取れない人が増えています。いくら機械化、自動化されても、「人と言葉を交わす事」なしに生活はできません。どんな人でも、どんな職場でも、プライベートでも、毎日欠かす事のできない能力が「コミュニケーション能力」です。
この講座では、「苦手な人」とも、上手くコミュニケーションが取れる、いくつかの「コツ」をお教えします。コミュニケーションの力で、あなたらしく、誰とでもお付き合いできるようにしましょう!!

アサーティブコミュニケーション研修

アサーティブ(assertive)とは、自分の意見[希望・権利など]をはっきり述べる、はきはきと積極的に主張する、という意味の英語。アサーティブコミュニケーションは、相手を尊重しつつ、自分の意見を率直、かつ適切に表現することを言います。
約40%の人が職場で人間関係に悩みがあり、自分の思いや考えをきちんと伝えられていないことを踏まえ、無理に押し付けたり、同意させたり、一方的にあきらめたり、我慢するものではないコミュニケーションを身に付けます。自分の性格はなかなか変えることは難しいですが、コミュニケーションのあり方は変えることが可能です。
色々な事例から、アサーティブな表現方法を考えていきます。

指導力育成

部下育成は、組織全体の生産性や働きがいに大きな影響を与える非常に重要なテーマです。その場、その場で、思いついた言葉や感情を、部下にそのままストレートに伝えていませんか?
そして、皆さんが部下に発する言葉は、適切なものでしょうか?
人は、人からの影響を大きく受けて、成長します。
正しく、叱る。正しく褒める。これが出来るだけでも、組織の中は大きく変化するのです。

美しい日本語・話し方研修

社会人には、美しい日本語が必要不可欠です。
しかし、敬語は、何歳までに必ずマスターしなければいけない・・という決まりも無いため、実際には間違ったまま覚えているという方が多いのも現状です。
正しい日本語を使っている方は、実はとても少ないのです。
場面や相手に応じた言葉の使い分けを学び、お客様や取引先、職場でのスムーズなコミュニケーションを図りましょう。
また、滑舌を良くするための準備運動や、言葉の組み立て方、表現力アップのポイント等プレゼンテーションにもつながる「話し方」のコツをお伝えします。新入社員の研修等には必見の内容です。

トップへ戻る